引っ越ししました。トップ記事の★印から遊びにいらしてくださいね。
by suteki_days

りんごのワイン煮。
c0129544_8383776.jpg

今日のお弁当です。今日はりんごのワイン煮を作ってみました。その他は、お稲荷さん・カリフラワーのケチャマヨ和え・お野菜としらすの卵とじ・スナップエンドウ・ぷちトマトです。



c0129544_8404234.jpg

りんごは年末に葛田(かつらだ)農園から多量に購入いたしました。←HP を見てね!現在は販売が終了しております。毎日美味しくいただいております。加工用のちょっとお得なりんごと、ちょっと高級なりんごを購入しました。高級な方はすぐに完食いたしました。加工用はお菓子やパンにしていただいております。・・・昨日のスプラウトちゃんの続きです。その前に、私には大好きな写真家さんがいます。ご迷惑だとは思いますが、ご紹介させていただきます。今夜もeat it のmoonisupさん、とるてん☆のお菓子だぁ~い好き! のとるてんさん、瀬戸のだるま夕日と夕景のOMEGAさんです。この方々から、いつもかなりのエネルギーを分けていただいております。話は元に戻りますが、スプラウトちゃん。昨日はズームレンズで撮ってみました。
c0129544_9233031.jpg

c0129544_9245651.jpg

すると、驚いたことにというか当たり前のことですが、大きく撮れました。しかも!接近して撮れるのです。感動でした。虫眼鏡よりいい感じかな。だけど本心を言えば、もっと寄りたいのです。昨日教えていただいたのですが、マクロレンズの代わりに、今使っているレンズの前に付けて使用すると、マクロレンズに近くなるというアイテムがあるようです。ちょうど今回私が使った虫眼鏡と同じような役目を果たすようです。私のやったこともまんざら間違いでもなかったのねと、ちょっと安心。とるてんさんのコメントを引用させていただきます。→接写の話をすこし。レンズには、被写体に近づいてピントの合う最小距離が決まっています。マクロレンズは確かに近づけるので、昆虫や小さいアクセサリーなど、クリアーに撮影できるレンズと言えましょう。ただ、お値段が高いこと、光量が必要になるので、手ブレがおきやすいという特徴があります。では、マクロレンズがない場合、どうしたら拡大して写せるのか?ここで、虫眼鏡の原理を利用したクローズアップレンズというアイテムがあります。レンズと名前が付いていますが、お手持ちのレンズ(単焦点レンズ)の口径サイズと同じ物をレンズの前にはめ込んで使います。番号が付いています。(虫眼鏡と同じで、厚い物ほど大きく写すことが出来ます。)お値段は、大体2千円前後だと思います。・・・もしも、マクロレンズが無いのだけど、私みたいに接写してみたい方はクローズアップレンズを使われると良いかも?虫眼鏡よりは確実にいい写真になりそうです。私は今日買いに行きます~。c0129544_12122781.gif
[PR]
by suteki_days | 2008-01-17 08:38 | お弁当。
<< びんながマグロのヘベス&醤油煮。 お花が咲いたよ。芽が出たよ。 >>