引っ越ししました。トップ記事の★印から遊びにいらしてくださいね。
by suteki_days
タグ
カテゴリ
はじめまして。
ごあいさつ&おしらせ。
お弁当。
おうちごはん。
お菓子&パン。
キッチンのなかま。
インテリア。
お気に入りのお店。
お料理教室。
お気に入りの場所。
野菜ソムリエ。
マクロビオティック。
イベント。
プレママ&ママへ。
お散歩。
みるく。
その他。
以前の記事
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
more...
検索
その他のジャンル

トマトの美味しさについて。
c0129544_1144318.jpg

トマトはお好きですか?



c0129544_118583.jpg

私は生まれも育ちも宮崎県なので、トマトは大好きです。だけどトマトは本来夏の食べ物です。今は季節を問わず色々なお野菜を食べることが出来ますが、やはり美味しさ・栄養価が違うのでしょうか。先日作りましたこちらのグラタン。中身は、黄色いプチトマトと黄色いパプリカが入っています。私の作るご飯は意識していないのですがなぜか赤くなってしまいます。赤い色が好き・赤いと美味しそうに見える・赤い食材や料理を食べると元気になりそう!そんな気持ちが潜在的にあるのでしょうか。ですからこの写真は、自分で作ったにもかかわらず、今まで作ってきたご飯の写真とは違った印象を受けます。唐突ですが、黄色いトマトと赤いトマト、どちらが栄養があるのでしょうか?気になりませんか?
以前のトマト記事その1 その2 その3 その4
本題のトマトの美味しさ・栄養価について。
※こちらを参考にしてくださいねその1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8
まとめです。実は私も、今回はじめて知ったことがあります。リンクさせていただいたサイトその2より。(抜粋)本来は夏が旬ですが、現在では旬が不明確です。 もともと高温多湿にも低温にも弱いトマトは日本の気候では栽培しにくく、ハウス栽培や雨よけ栽培でこれらの気候を乗り切ったものが出荷されていきます。また、たくさんとれる時期が最も美味しいわけではありません。(実の成長が遅いほうが味が濃くなります。) だから、もしかすると夏の暑い時期に食べる露地栽培のトマトよりも冬のハウス栽培のトマトの方が美味しいのかもしれませんね。それから、リンクその1にこんなことが書かれてありました。(抜粋)オレンジ系ミニトマトには、まろやかな特有の風味があり、ベータカロテンは赤いトマトの10倍以上。トマトが赤いのはリコぺンという色素があるから。トマトは種類によって入っている成分が違うようです。あその5で紹介しましたレシピのサイトにもこんなことが書かれてありました。(抜粋)寒さが一段と厳しくなるこの時期は、体がほっこりと温まる料理が嬉しいもの。家族や友人で囲む暖炉は寒いトスカーナの冬の楽しみの一つ暖を取るだけでなく、皆で焼き物料理を楽しんだり、寒い冬を楽しく過ごす工夫があります。 私の知識の中にはトマト=夏の食材!そして、体を冷やす作用があるので冬には用いない!というものがありました。しかし、冬の料理にも欠かせない存在なのだと分かりました。最近知った情報ですが、トマトは熱を加えることにより、身体を温める食材に変わるらしいです。また、リンクその7(引用)最近ではトマトに熱を加えた時の効果も注目されています。熱を加えたトマトには脂肪代謝をよくし、余分な脂肪を溜めこまない効果もあるそうです。トマトの糖度が血糖値を安定させるため食べ過ぎを防ぐ、ということからトマト・ダイエットなんて話題も出ています。トマトは熱を加えることによって益々パワーアップするようです。恐るべしトマトです。リンクその1(抜粋)一年中出回るトマトですが冬と春は熊本、愛知などの温暖地から。初夏には千葉、茨城、栃木産。真夏には福島や長野からの出荷が増えます。それぞれの土地のそれぞれのトマトを工夫して、色々な料理に用いると楽しみも増えるのではないでしょうか?それから肝心の栄養価?について。←詳しくはこちら。→※野菜の栄養価について。
実際、色々なサイトを見ていても、昔に比べるとお野菜そのものの持つ栄養価は低下していることが伺えますし、旬とそうではない時期でも大きな違いがあるようです。しかし本当の意味での、栄養価が高い!、低い!って、どのように考えればいいのでしょうか?私はこう考えます。食材そのものの持つ栄養価と、その食材をいただく私たち。両者のコンディションにもよるのではないでしょうか?極端な例ですが、とっても栄養価の高い夏の露地&有機栽培のトマトを喧嘩しながら、憂鬱な状態で食べるのと、冬のハウス栽培・しかも無農薬ではないトマトを、一家で楽しく団欒しながら食べるのでは、どちらが栄養価が高くなるでしょうか?食事って本来、楽しく嬉しいものだと思うのです。そして、その食事を一段と引き立てるためにあるのが、より美味しく安全で、しかも願わくは栄養価の高い食材なのではないでしょうか?食材だけが立派でも仕方がないのかな?なんて思いもあります。だからこそ、ご飯を作る時には楽しく、そして食事中には喧嘩していても出来るだけ忘れて、楽しく食べることが必要なのかもしれません。実際には、子供のマナーが気になって叱りながら食べたことも数知れず(子供が小さい頃ですが)。反省することも多いです。今後は食事について、色々な方面から考えていかなければならないと思っております。食材・調理方法・そして楽しい団欒の方法など。長々とありがとうございました。c0129544_12122781.gif
[PR]
by suteki_days | 2008-01-14 11:09 | おうちごはん。
<< ほっとなお弁当。 鏡開き。 >>